とあるなのは信者のくだらない日常メモのブログです。 なのは、ヴァイスシュヴァルツ、その他ゲームについて書いていきます。 コメント大歓迎なんで、どんどん書き込んでください!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The  MOVIE 1st

魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st を見てきました!!!

 

はい、昨日すでに舞台挨拶のほうの感想は書いたんですけど、こっちでは本編のほうの感想を書こうと思います。

一応ネタバレもあるので、まだ映画を見てない方は見ないようにw

 

では、続きからお願いします^^

 

今回の劇場版は知ってのとおり、リリカルなのはシリーズの原点「魔法少女リリカルなのは」の、新作リメイクということとで、最初から見ている人にはとても懐かしく、また、まだ見ていない人でも見れる内容となっています。

 

んで、自分も正直第1期を見るのは久しぶりだったんですけど、

 

 

もうほんっとに感動しました!!!

上映直前に舞台挨拶をみたこともあって、最初から最後までもう本当に興奮しっぱなしでしたねwww

 

 

 

何がすごいって、演出がものすごい頑張ってました

なのはが初めて魔法を使ってジュエルシードを封印するシーンとかも、いきなりカノンモードになって長距離砲撃ぶっぱなしたときは、めちゃくちゃびっくりしましたww

んで、2回目の回収の時点ですぐにフェイト登場

ちょっと話しかけて「お話聞かせてほしい」というだけなのに、すぐにボコされておしまい

 

尺の関係上、削れるところはできるだけ削らないと入りきらないからしかたないねぇ~
なのはは最初の変身で3個いっぺんにジュエルシード封印したし、2日目でフェイト登場だったし

あと、案の定温泉旅行はカット
それどころか、高町家はなのは以外全員ボイスなし
グリリバ恭也や一条さんの士郎さんが聞けなかったのは残念・・・(^^;

日常パートでのアリサやすずかは、出てはいたけどだいぶ出番は減らされてたね
アリサとの喧嘩もうやむやなまま仲直りしてたしw
てか、アリサのツンデレ具合がとんでもなく強化されてたwwwww

 

あと、変身シーンww

アニメの時よりも綺麗に、そして無駄な動きのない凄いいい演出でしたw
1期のころの魔法少女っぽい変身じゃなくて、どちらかというとStSのときのような感じといったら伝わりますかね?(^^;
まぁ、とにかく凄く良かったですwww

なのはもフェイトもきれいなお尻が見所ですwwwww

 

そして、なのはの変身後のユーノくんの「成功だ!」がどうしても「最高だっ!!!」に聞こえてしまう罠www
舞台挨拶やラジオStrikerSでも水橋さん本人が言ってたし仕方ないwwwww

 

 

追加のシーンとして、ドラマCDや漫画版であった早朝訓練や授業中のイメージトレーニングで魔法の使い方の勉強が入ってた

この辺の流れはアニメでは描かれなかった部分ですね
アニメの時は、ただ単に実戦こなしてただけだったから、CDや漫画聞いてない人には単に「凄い才能」で片づけられちゃう場合が多かっただけに、すごくいい編集だと思ったw

 

あと、小説版で語られたプレシアの過去

ここは、本当に追加してくれてよかった!
自分は小説版を当然読んでるから、プレシアさんがどうしてああなったのかとかも知ってるけど、アニメしか見てない人と話すとみんな「プレシアはフェイトに酷過ぎる」とか「クローンとはいえ母親なのに信じられない」とか言うから、微妙に話がかみ合わないことが多かったんですよね
プレシアは確かにひどいことをした許せない人ですけど、昔はやさしかったプレシアが壊れてしまった過程を知ってしまうと、100%責めることはできなくなってしまう・・・・・
そんな部分を今回の映画ではきっちり補完できていたと思いましたw

 

それと、最後にプレシアが次元の狭間に落ちていくシーン

ここでも回想
アリシアとプレシアのピクニックでのシーンでの約束

それは、アリシアの「私、妹が欲しい!妹がいれば、一人でもさびしくないし、2人でならママの手伝いもいっぱいできるよ!」というもの
最後の最後にこのシーンを出したのはどういう意図だったのかなぁ
道具としてじゃなくてフェイトをアリシアの妹として、新しい娘として接してあげるべきだったってことなのかな?
色々と憶測できるから、一概にこうだろうって言う答えはでなさそうですね

でも、最後にちょっとでも救いのあるようなシーンを入れてくれたのは良かったのかもw

 

そして、戦闘

戦闘シーンはキャラのアップでの描写と、遠くからの全体の描写が交互に入る感じだった

なのはのディバインシューターやフェイトのフォトンランサーを飛びながらどんどんセットするシーンとかかなり綺麗になってて、見てて気持ち良かった

 

そして、なのはとフェイトのジュエルシードをかけた最後の名勝負

ここでの戦闘は本当にすごかった・・・
「手に汗握る戦い」とは本当にこのことだなと痛感しました
お互いに譲らないぎりぎりの戦いで、お互いに色々な考えや想いを持っての戦い
見ていて本当にハラハラしました

 

フェイトの最後の攻撃の「フォトンランサー・ファランクスシフト」のシーン

フェランクスに入る前に回想が入って、迷いを断ち切るように攻撃
演出としてはとてもきれいでよかったと思ったけど、攻撃前のセリフの流れが「ファランクス、打ち・・・・・砕けっ!!!」って感じだったのが個人的には違和感あった
というか、自分は原作の時の「フォトンらんさー・ファランクスシフト・・・打ち砕けっ!ファイア!!!」って流れをとても気に入っていたので、それで違和感があったんだと思った
まぁ、映像としては次々とフォトンランサーを打ち込むシーンは原作同様すごかったし、それに劇場版の演出が入ってとてもよかったですwww

 

そして、なのはの反撃

こちらも本当にすごかった・・・
フェイトの攻撃に押されつつもどうにか紙一重でかわしつつ、反撃の機をうかがいあきらめずに戦う
フェイトからの攻撃を防いだ爆煙の中からのディバインバスターとかもすごく迫力がありました

そして何よりフェイトのファランクスシフトを受けきった後の反撃

フェイトの攻撃の際になのははバインドで動きを止められてましたが、その時にもすかさずフェイトの足もとにバインド設置
耐えきった後に発動して反撃のディバインバスター
これだけでもかなりの迫力ですごかったんですけど、やはり一番の見所はこの後

 

なのはさんの奥儀、スターライトブレイカーです

どうにかなのはのディバインバスターを耐えきったと思ったら、キラキラしたピンク色の光が次々と雲の上空へ上がっていく
その先にはとてつもなく巨大な魔方陣を広げるなのは
空気中に散らばった使い切らなかった魔力を再び集めて放つ、収束系の砲撃魔法
その集まった魔力の大きさといったら本当にみてるこっちまで震えてくるくらいの威圧感でしたねぇ

「受けてみて、これが私の全力全開!すたーらいとブレイカー!!!」

スクリーンいっぱいに、ものすごい爆音とともピンク色の光が迫ってきてとんでもない迫力でした!!!
もう本当に息が止まるかと思いましたよwww
自分は見ているだけのはずなのに、両手をめちゃくちゃ握りしめて歯まで食いしばっていましたwww
「ぶっちゃけStSのときのSLBexよりヤバいんじゃね?」と本気で思ってしまうくらい凄いものでしたねぇ・・・(^^;

 

その後はアニメ版のとおり、時の庭園に乗り込んで最終決戦

乗り込んできた局員の頭を片手でつかんで投げ飛ばすプレシア母さんはんぱねぇっすwwwww

ただ、クロノの「こんなはずじゃなかった未来を~」っていう名台詞がカットになってたのは本当に残念
てか、クロノは今回はちょっと残念なところがおおかった気がする
時の庭園に入った直後のスティンガースナイプやスティンガーレイもなかったし、そもそも戦闘シーンもほとんどなかった
ずっと「時空管理局執務官クロノ・ハラオウンだ」って名乗ってるシーンしか印象にない・・・(^^;

 

なのはとフェイトの共闘シーンもすごく良くできてたね

BGMが「take a shot」から「Don't be long」に変ってたのは当然なんだけど、やっぱりちょっと残念だった
まぁ、それでも場面には合ってたし、単にアニメが合いすぎてただけなんだけどねwww

そして、なにより

フェイト「きっと2人でなら・・・」
なのは「うん!うん!!うん!!!」

のシーンは本当によかった!!!
アニメの時と違って、なのは最初からぶっ続けで、ずっとフェイトを助けようと頑張ってるぶん、そこに至るまでの過程が物凄く心の奥に響きました
そして、なのはさんの嬉しそうな顔と声といったら・・・
思わずラストシーンの一足先に涙がポロリしましたよ
てか、今そのシーンを思い出しながら記事書いてるけど、地味に目元が厚くなってきてるというwww

まぁ、それくらい良いシーンでした!!

 

 

 

んで、ホントに最後の名シーン

裁判に行くため、当分会えなくなるということで別れのあいさつのところですね

もう、本当に号泣でした
地味にオーケストラVer(かな?)のlittle wishも流れて、本当に涙が止まりません

フェイトが何度もなのはを呼ぶところとか、本気でヤバかったです・・・

そして最後に、思い出になるものということでお互いのリボンを交換するわけですけど、やっぱりここのシーンは良かった

あと、アニメの時はなのはのリボンはピンクだったけど、今回は白に変更されてたね

やっぱりなのはのイメージは白だから、物販のほうのことも含めて白になったんだろうけどw

 

 

まぁ、なんか舞台挨拶のほうの記事もそうだけど、こっちもほんとによくわかんないことになったな(^^;

映画見ながら色々な事を思って、それを全部文章にしてやろうと思ったら、本当にぐちゃくちゃになったよwww

それでも、とにかく凄くいい作品だったことだけは確かですww

終わったあとは、舞台挨拶の興奮と映画の興奮が入り混じって本当に頭がパンクしてました
嬉しいとかすごかったとかそんなのより完全に真白
帰りの電車の中でも、帰宅後に夕食食ってる時もほんとに一言も発しないで、ずっと何も見えてない感じでしたね
とにかく、燃え尽きた感じがヤバかったですwww

 

そして、今は逆にまた興奮が戻ってきていきなり叫びだしたりとか変なテンションになってますwww

まじで、なのは依存症が再発してきましたよ・・・

金銭面が厳しいから、いつになるかはわからないけど、絶対にあと2回は行きます!
てか、ただ見たいって意味ならあと、軽く10回は見に行けるレベルwwwww

ゆかりんの「友達に、なりたいんだ」「名前をよんで?はじめはそれだけでいいの」を聞くだけでも十分な価値がありますw

それくらいお勧めできます!!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんだよ,感想読んだら見たくなってきたんだけど.
2010/01/24(日) 17:33 | URL | yimu #SFo5/nok[ 編集]
>yimu
金と時間が許すなら見とくべき
儲の贔屓目があるかもしれないけど、たぶん普通に面白いと思う
俺はあと2回は行く><
2010/01/27(水) 22:25 | URL | Yoshi(管理人) #G/R0oQrY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dropofstar.blog83.fc2.com/tb.php/325-755d3a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。