とあるなのは信者のくだらない日常メモのブログです。 なのは、ヴァイスシュヴァルツ、その他ゲームについて書いていきます。 コメント大歓迎なんで、どんどん書き込んでください!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナデシコ観ました~

 

ちょっと前から友人がうるさかったので(^^;
まぁ、どうせ暇だし一応観たかったからいいんだけどねぇ~

 

今日観たのは14話くらいまでだったかな?
1日でみたにしてはかなり上出来でしょう
ゆっくり見たとしても、のこり2日で終わるかしらね

 

 

とりあえず、簡単に感想

 

内容に関しては、どう見てもギャグメイン
それに次いで戦闘ってなイメージ
しかも、場所によっては古いせいか地味に寒いところも多い・・・(^^;

あとは、やっぱりユリカの馬鹿さ丸出しな妄想とか
ぶっちゃけアホだとしかいいようがないwww
まぁ、それが見せ場なんだろうけどさ~

 

他には恋愛パートが無駄にグダグダするww
てか、アキトのユリカに対する態度が結構冷たいよなぁ~
紫色の髪のビッチ(名前忘れた・・・)には優しいのに・・・
やっぱり昔から知り合いだったせいで、逆に優しく出来ないんだろうな

 

戦闘パートも普通にギャグが入ってるな
エステバリスに乗ったまま叫び声上げながら頭抱えたりw

まぁ、普通にかっこいいところはかっこいいね
メカにも色々とバリエーションがあってみてて飽きないし、普通に面白いわ
まだまだわからないところも多いし、後半になったらもうちょっと戦闘もはげしくなるんじゃないかと期待w

劇場版のほうはシリアスで戦闘メインらしいし、むしろそっちを楽しみにすべきかね
何にせよ、ブラックサレナがはやくみたいですww

 

キャラに関しては、やっぱり昔のアニメだなぁ~ってのが正直なところ
てか、このアニメにキャラ萌えとか求めるのが間違ってるからwww
強いてあげるならやっぱルリかなぁ~
また何かロリコンとか言われそうだな・・・・・orz


べ、別にそんなんじゃないんだからっ!!!///

っと、マジレスするとジト目が最高ですw
DC2の由夢とかジト目キャラはかなりポイント高いなぁ~
笑顔のキャラもいいけど、個人的にはあの冷めた感じの表情もかなりいいですww

・・・・・何か書いててマゾいなぁ~とか感じてしまった・・・(^^;

 

 

あとは、やっぱりガイが最高過ぎるwww
超絶熱血野郎でアニオタでもの凄い強いみたいな言いようだったのに、戦闘では地味に戦っただけで、挙句の果てには銃弾1発であっさり死亡・・・
なんとも報われないキャラであるwww
でも、死んでからもゲキガンガー繋がりで度々出てきたり、アキトの戦う理由になったりと優遇自体は悪くないという微妙さ
マジで最高だわwww

 

報われないと言う意味では、じゅん君もかなりのものだとは思うけどねw
1話からしっかり出てるのに、後半になるにつれて出番が減っていくと言う・・・
劇場版になるともう少し報われるようになるらしいけど、まだ見てないからなんとも言えんわ
まぁ、楽しみにしましょ

 

 

と、簡単に書いたけどこんな感じ
とりあえず、見てたらPS2のアナザー・センチュリーズ・エピソードがまたやりたくなったわw
あの頃はいまいち機体のことを知らずに使ってたけど、今ならもう少し理解できるようになってるはずだしねwww
会話シーンとかも正直何言ってんのかわからなかったのが、わかるようになってるだろうからもう少し楽しめるでしょう
次の土日で実家に帰ったら久々に出してみるかwww

 

それでは、今日はこの辺でノシ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ナデシコいいですよねw
自分も最近見たんですけど、とにかくガイがカッコ良かったです><
2008/06/30(月) 21:52 | URL | ritomasugoke #-[ 編集]
>ritomasugokeさん
ガイは良すぎたwwwww
てか、あんだけ散々出しゃばってたのに、たったの2話で死んじゃうんだからもう、悲しむよりも笑うしかないですよね(^^;

はやく続き見たいですw
2008/07/03(木) 23:44 | URL | Yoshi(管理人) #G/R0oQrY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dropofstar.blog83.fc2.com/tb.php/217-72d086d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。