とあるなのは信者のくだらない日常メモのブログです。 なのは、ヴァイスシュヴァルツ、その他ゲームについて書いていきます。 コメント大歓迎なんで、どんどん書き込んでください!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日未明、とうとうD.C.Ⅱの完全クリアを達成しました~www
前から散々わめき散らしたわけだが、やっぱこのゲーム面白いよwwもともとはロボットの美夏と幼馴染の小恋はやる気がなかったんだが、毎日暇でしょうがない冬休みだしやってみるかってなわけで始めたんだが・・・


 


 


あれ?なんか今までのルートの中で一番まともで面白くない?


 


 


いや、何かマジで話が面白かった。
他のルートは桜が散って、そんときに主人公が消えることがあるんだが、序盤ルートだからか消えることも無く、ましてや美夏ルートでは散りすらしなかった・・・。でもその分あまりにも非現実的な状況にならず、そこそこ現実味のある内容になって見てて面白かった。
それに、前にやった白河ななかルートだが、あれはマジで人間の黒さとかが表現されてて見ててつらかったが、それの反対側に位置する小恋ルートでのななかの立ち位置はホント良かった。「告られたけど振られて、その後は主人公の恋愛相談相手になる」っていう本来とても残酷な位置だけど、それをななか持ち前の明るさでやるところがホント健気で・・・・・(泣)


んで、一番の本命のさくらルートは今までの桜の謎の回答編なわけだが、成長しないさくらの「一人はさびしい」って思いがよく伝わってきた。「桜を散らさないと島のみんなが危険だ。でも、散らしたら義之(主人公)が消えちゃう」 この状況で揺れ動くさくらの気持ちは想像するだけでホントに辛くなってくる。音姉の時は「正義の魔法使いとして島のみんなを守るか、恋人の義之を守るか」だったわけだが、さくらの場合は「桜を咲かせた責任者として島を守るか、桜に願って自らが生み出した自分の子供の義之を守るか」という、音姉よりも当事者として立場的にホント辛い・・・。
「さくらが桜と一体化して、完全に制御することで島と義之の両方を守りきる。しかし、完全に桜と一体化してしまうさくらは死ぬのと同じことになる・・・」という、自らを犠牲にして賭けに出るが、結局失敗してしまい、桜を散らすしかなくなってしまう・・・。
んで、その役目が音姉に託されるわけだが、ここのところがまた辛い・・・。どうやらこのさくらルートは音姫ルートのさくら視点ってことになってるらしくて、つまり音姉と義之は正式に付き合ってるわけだし自分で恋人を殺すようなもの・・・。ホントにかわいそうでかわいそうで・・・(泣)


てか、この芳乃さくらタンですが、D.C.のときから出ていてしかもこの話の舞台になっている初音島の「枯れない桜」に重要関係者。他の登場人物よりも魔法に詳しく、1,2ともにルートが存在してることから、D.C.の真の主人公って彼女なんじゃないかなって思う。いつも話の真相にかかわってるし、一番謎の多いキャラだし、何よりかわいいしww


それと、気づいたことがひとつ。以前から思ってたことなんだが、今回のメインヒロインといえる朝倉姉妹だが、もしアニメ化なんかがされたとき誰のルートに沿って進むのだろうかという疑問について。さっき、さくらルートの感想のところでも書いたけど、今回の謎についての解答編であるさくらルートがどうやら音姫ルートに沿っろようであるところから、やっぱりメインヒロインは音姉何じゃないだろうか・・・?とりあえず、ななか、小恋、美夏、杏ルートではないと思われる。だって全く桜の木の回答が無いし・・・(汗) あと、由夢ルートである可能性は完全には否定できない・・・。彼女のルートではしっかりと義之は消えるし、メイン的な立ち位置である朝倉姉妹の妹でもある。てなわけで、なんと言うか中途半端な位置のお方・・・(汗)


まぁ、俺としては音姉絶対を表明してるから、彼女メインを譲ることはできんがなwww




あと、声優関連での発見。
今回、水橋かおりがサブキャラでゲスト出演してるのは前からわかっていたが、どうやら他にもかなりのかたがたが出てもよう・・・。
箇条書きにすると・・・


・白河ななか CV.野中みゅう =生天目仁美 =フィーナ(夜明けな)
・天枷美夏  CV.かがみありす=あおきさやか
・高坂まゆき CV.三咲里奈=伊藤静
・花咲茜   CV.まきいづみ=柳瀬なつみ
・沢井麻耶  CV.七星友里子=水橋かおり
・板橋渉   CV.万栗太郎=福山潤
・杉並    CV.空野太陽=岸尾大輔


てな感じになっていた。上二つのななかと美夏はメインヒロインに入っていろ。んで、生天目さんにいたってはフィーナのゲーム版の方の声も当てていたことから、ゲームとアニメで名前だけ変えて声優はそのままだったということに・・・。つまり、音姉や由夢もそのまま行くのでは・・・?www
あとは、渉やくの福山潤なんかは、俺は実際に見てないからわからないが、感想サイトなんかによると「いぬかみっ!」の啓太とノリが全く同じらしい。


とまぁ、なんか今までに無い入れ込みようでやったD.C.Ⅱだが、正直かなりハマったwww
すでに友達に連絡入れて、ファンディスクまで落としてもらうように頼んでしまう始末・・・
このゲームのどの辺がつぼにはまったのかはよくわからないけど、俺としては大絶賛だwww

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お~、何だかんだ言って結局全クリですねぇww
喪前のレビューを読んでいると、何故かやりたくなって来るから不思議だ(爆) しかし、これもいつものことなんだが、ネタバレが・・・ww まぁ、レビューだからしょうがないけどねw 
声優陣、一人を除いて全員知ってますねぇ・・orz どうもこうも、かなり強い人達ばっかり集めてますが・・。 今度DCⅡやってみようかな・・。Yoshiから借りて(笑)
基本、感情移入できる話は大好きだしね。それで「この世界」に来たようなもんだし。それじゃ、長文レビュー乙です!
さくらたんが! さくらたんが!
2007/01/06(土) 23:05 | URL | Kizuna #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dropofstar.blog83.fc2.com/tb.php/14-1ae237b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。